まるい時間企画 イベントお知らせ

●MOGAの夏合宿
野球拳2007!

さぁ、今年もまつりのシーズンがやってきました!
今年のMOGAは10周年!!その10年の中でみつけたまつり、、、
あの湯女をもう一度
湯女を踊れる仲間を増やしたいから
湯女をおどるたびにすきになるから
湯女をもっとたくさんの人にみてほしいから
10年目の夏、おけの音をみんなで重ねられたら最高に幸せです!
一緒に、夏を踊りましょう!

****************
参加募集期間終了しました。
多数の参加ありがとうございます!
****************

Return TOP

DANCE STUDIO MOGA発表会

●DANCE STUDIO MOGA発表会
DANCE STUDIO MOGA 7th Performance
7 BRIDGE

日  程
Stage1(子どもプログラム)2005/3/26(土)13:00~
2005/3/27(日)13:00~
Stage2(大人プログラム) 2005/3/26(土)19:00~
2005/3/27(日)19:00~
場  所  愛媛県県民文化会館 サブホール

DANCE STUDIO MOGAの発表会。
今回で7回目となる発表会は、出演者300名を超え、観客も4000名を動員する規模となった。
公演テーマは7BRIDGE。人と人とを架ける橋、ジャンルとジャンルを架ける橋、踊る人と観客を繋げる橋、というように、全てを繋いで一つにしていく橋 のような公演を目指した。300人の出演者と4000人の観客が太い橋で繋がったような舞台展開もあり、ジャンルとジャンルを架けるということで、様々な ジャンルを持つ講師陣が一つとなって踊る作品も登場した。

Return TOP

STREET Specialワークショップ

●STREET Specialワークショップ
Yoshie (BeBopCrew)
2004/11/13(土)
17:00~18:30 フリースタイル
19:00~20:30 パンキング

3回目となるワークショップ、過密なスケジュールを縫って今年もMOGAに来てくれた。
今回も、県内外からたくさんの受講者が集まり、申し込み開始すぐに満員御礼!さらに、スタジオの外までたくさんの見学者で覆い尽くされた。
熱気を帯びた約4時間。「レッスンは私にとってひとつのショータイムなの」と語るYOSHIEさんのレッスンは、妥協することはなく、しかし暖かく、そして厳しい!
「松山は、食べ物は美味しいし、温泉はあるし、大好きな街。でも何よりも、レッスンを受けてくれる生徒さんが、すごくいい!みんな、とても真剣で一生懸命 だし、何よりも、すごく踊りを楽しんでいるのが分かる。いろんな地方にワークショップに行くけど、そういう意味では、松山のレッスンは日本の中でも?1よ。」という 嬉しいコメントをもらった。

Return TOP

生ダンス映画館

●生ダンス映画館

≪ONE DAY~過去と未来と現在が踊っている~≫
2004/10/2-3(土-日)
出演:おどれ会社役員(赤松美智代・池内文・丸山陽子・吉田千加…他)

メンバーはこの他にSHOCKのごつにー、たかたん、愛媛大学ダンスAZのメンバー等も巻き込み、スタッフ・出演者、総勢21名のダンステインメント。
舞台中央にぽっかりと空いた穴は、未来とのつながりに見えたり、過去への帰り道に見えたり…見る人のイメージをふくらませたようです。

≪エデンの裏庭≫
2004/10/10-11(日-月)
出演:honeysuckle(星加昌紀×高橋砂織)G/(合田緑+合田有紀) 八木和美

人気のおしどりデュオVS今後に期待高まる姉弟デュオに、フレッシュな風をふかせたのは、我らがMOGAの踊り受付姫やぎちゃん。
それぞれがお互いの個性を引き出しあい、見る人の多方向な感覚を刺激するコンテンポラリーダンスでした。

≪万華鏡 kaleidoscope≫
2004/10/24(日)
出演:いろはダンサーズ

週に5日はMOGAに通っているダンスマニア(笑)が中心にひっぱったMOGAスタジオメンバー17人による渾身の舞台。
いつもレッスンしている空間が舞台空間に変身すると、魔法にかかったように皆もアーティストになりましたよ。万華鏡という名の通り、めくるめく楽しさの作品集。毎夜遅くまでの練習にもへこたれず、翌朝しっかり仕事に行くガッツに感涙!!

≪生ダンス映画館アフターパーティー≫
2004/10/31(日)

夕方からバタバタと仕込みスタート。17時になるとワインやビールやつまみやらをぶらさげて、ぽつりぽつりと集まり始めました。キャンドルなんかをそこい らじゅうに散りばめて、ムードづくりも合格!贅沢にも高知からとっておきのシンガーMASAKO(元MOGAっ子)&U-canに来てもらい、透き通る歌 声にうっとり最高の時間となりました。

10月...振り返ってみると、お客さんの顔ぶれも違っていて、それぞれの個性あふれる公演でした。どの舞台もMOGAの“とっておき”です。お客さんにとってもそうであってほしいし、そうなっていくことが生ダンス映画館の夢です。

Return TOP

松山まつり野球拳おどり

● 松山まつり野球拳おどり
2004年「松山まつり野球拳おどり」に出場したTeam MOGA 。
今年のテーマは「生粋」
「見据える先は暑い夏 傘を取る手に心こめれば 今宵あでやかに 粋な雨が降る」
番傘片手に、粋な男衆・女衆・子ども衆が、熱く、渋く、ロープーウェイ街から千舟町を練り歩き、その後は道後会場まで!でも、残念ながら優勝は出来なかった今年のまつり...。
しかし、踊り、衣装だけでなく、生音、地方車、その他いっぱい色んな面で、松山のまつりが盛り上がってきたことは、すごく嬉しいことです!やるぢゃん!!
で...とにかくMOGAは「ちくしょ~」ってことで、一から出直しでまた来年を待ちます。もっとハチャメチャに、考えすぎず体の中に流れる「血」のいうことに耳をかたむけ、「やるでぇ~!!!」っといった感じです。
◆ Team MOGA連 NHK松山放送局賞
その他MOGAによる振り付け連
◆ NTT西日本グループ連  NHK松山放送局賞
◆ ひめぎん連   エフエム愛媛賞
◆ コープえひめ連   敢闘賞

野球サンバ
◆ 競輪選手会チーム   優秀賞

Return TOP