michimichi

michimichi

michimichi ―赤松 美智代―

1995年~ダンスカンパニー MOGA-Japanにて活動、牛山眞貴子に師事。ダンスの社会化を目指し1998年仲間と共に、有限会社オフィスモガ(DANCE STUDIO MOGA)を設立、設立メンバーの一人。その後も引き続き、ダンスの未来を信じる新しい仲間達と運営を継続中。Melbourne International Dance Festivalに出演(振付:Lucy Guerin)オーストラリアのダイナミックさとオリエンタルな繊細さに影響を受ける。ダンサー・コレオグラファーとしての活動は、丸山陽子とのダンスデュオ「赤丸急上昇」これまでに、DANSPACEPROJECT 「Food for thought」でアメリカ(NY)や、在広州日本国総領事館,Guangdong Modern Dance Company, 国際交流基金主催「踊りに行くぜ!! in 中国」(北京・広州)他アジア巡回プログラムで、Indonesia(Solo/Jakarta)等、国内外20都市以上で作品を上演してきた。(一財) 地域創造、公共ホールダンス活性化事業(通称:ダン活)登録アーティスト。

単純明快・みていてどこか懐かしい、諧謔味溢れる赤丸ワールド、複雑怪奇な世の中だからこそ、シンプルに人の心に伝わるダンスを求めて活動中。お面をかぶって宴の席にも出没。人と交わるパフォーマンスを継続中。また、2017年におこなわれる、えひめ国体イメージソングのダンス「えがおダンス」の振付に携わる。

その他、ぴょんずエレクトリックダンスシアター等にて、地元CLUB SHOW CASEや、各地のイベントにも出没、幅広いダンスの活動の中で芽生える新しい目線で繰り広げる斬新なクラス展開に今後も目が離せない。

Return TOP